皮膚科でフォトフェイシャル

に問題がある人、日焼けがある人、妊娠している人は、やめておいた方がいいでしょう。妊娠中の人は、フォトフェイシャルによる光が胎児にどのような影響があるかはっきりとわかっていないようです。妊娠中にフォトフェイシャルをしない方がいい理由として、ホルモンの変化によって色素が沈着しやすくなっていることがあります。フォトフェイシャルを皮膚科で受けても、日焼けで肌が濃くなっている人や、皮膚の疾患がある人は、光の影響が期待したほど出ないということが起こりえます。お肌の状態は、人により差があります。お肌の治療を目的としたフォトフェイシャルを受けたいという人は、皮膚科で皮膚の状態を見てもらう必要があります。フォトフェイシャルは毛細血管に作用するため、糖尿病にかかっていると血糖値に良くない影響が出ることがあります。皮膚科で受けるフォトフェイシャルでも受けられない場合もあります。フォトフェイシャルを皮膚科で受ける時には、受けても問題ない肌質や体質なのかをチェックすることが重要です。

Comments are closed.