Monthly Archives: 10月 2013

に問題がある人、日焼けがある人、妊娠している人は、やめておいた方がいいでしょう。妊娠中の人は、フォトフェイシャルによる光が胎児にどのような影響があるかはっきりとわかっていないようです。妊娠中にフォトフェイシャルをしない方がいい理由として、ホルモンの変化によって色素が沈着しやすくなっていることがあります。フォトフェイシャルを皮膚科で受けても、日焼けで肌が濃くなっている人や、皮膚の疾患がある人は、光の影響が期待したほど出ないということが起こりえます。お肌の状態は、人により差があります。お肌の治療を目的としたフォトフェイシャルを受けたいという人は、皮膚科で皮膚の状態を見てもらう必要があります。フォトフェイシャルは毛細血管に作用するため、糖尿病にかかっていると血糖値に良くない影響が出ることがあります。皮膚科で受けるフォトフェイシャルでも受けられない場合もあります。フォトフェイシャルを皮膚科で受ける時には、受けても問題ない肌質や体質なのかをチェックすることが重要です。

目の近くに小じわが増えないように、目元の集中的なケアをしているという人がいます。目元の化粧汚れをクレンジングできちんと落とすことは、目元ケアのポイントです。まずは、肌タイプに合うクレンジング剤をきちんと選択することです。オイルクレンジングは、汚れ落ちはいいですが、肌の乾燥が促進されます。乾燥肌の人はジェルやミルクタイプのクレンジング剤のほうが目元ケアのためにもおすすめです。水を使わずとも、サッとメイクを拭き取ることができるタイプのクレンジング剤は、肌を傷める可能性があります。目の周囲は比較的薄い皮膚なので、乾燥に弱く、シワができやすい部分です。クレンジング剤を使ったケアは、特に慎重に行う必要があります。目元のメイクを落とすための、アイメイク用クレンジング剤もありますので、検討してみてください。目の回りにマスカラが残ると、メイクの成分が皮膚への刺激になってシミになってしまうことがありますので、アイメイクのクレンジングは特に重要です。クレンジング剤の量を惜しんでメイク落としをしていると、クレンジング剤が足りずに指と顔の皮膚に摩擦が生じて皮膚を傷めることもあります。少し多めの量のクレンジング剤を使ってメイクを落とすようにします。クレンジングの際に皮膚にダメージを与えないように気を配ることは、目元ケアではかなり大事なことです。
エピレ 札幌

ダイエット効果があると最近ブームになっているのがなわとびを使ったダイエットです。縄跳びダイエットはウォーキングやジョギングと同じような有酸素運動です。効果的に脂肪を燃焼させるためにはなわとびはピッタリです。また、跳び方次第で筋肉増強効果も得られます。心肺機能を強くしたり、精神的なリフレッシュ効果を得たりなど、ダイエット以外の利点もあります。なわとびがダイエット効果があるのは、体じゅうを使って飛ぶことで全身運動をすることができるからだといいます。なわとびをする時は、30分以上続けなければダイエット効果が低いといいます。1セット3分で、1分60回ペースのなわとびを、へばらない程度に行います。5分程度の休憩を入れながら3セットくらい行いましょう。慣れてきたら回数を増やしていけばOKです。体力がついてきたら20分くらい続けて跳ぶようにしていけばダイエットの効果はアップします。しかし、ダイエット効果を求めて体に負担をかけすぎてはいけません。なわとびは足首や膝への負荷が大きいので、できるだけ柔らかい地面の上で行いましょう。なわとびダイエットをする際には、事前に軽くジョギングなどして体を温めておくことで、一層脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエット効果が高まります。マッサージやストレッチを、なわとび終了後の足にすることで、体への負担を軽くできます。道具も簡単に揃いますし、跳ぶだけなら難しいテクニックも不要で、ダイエット効果があるという点でなわとびはよい方法でしょう。